「URであーる♪」のCMでもお馴染みの女優・吉岡里帆さん、今や若手女優の中でもトップクラスに活躍していますよね♪

 

男性・女性から支持を得て知らない人はいないほど有名になりましたが、人気者になればなるほどアンチが増えるのも事実…

 

デビュー当時に比べると顔変わったと噂されたり、「目が怖い」なんて批判的な意見も(^-^;

 

また男性からすると「そこがいい!」なんて意見もあるかもしれないですが、女性の中には「ぶりっこキャラが苦手…」と感じる人もいるようです。

 

今回、吉岡里帆さんは本当に顔が変わったのか、昔の写真と比べてみるとともに良くない噂の真相を調べてみました♪

スポンサーリンク

吉岡里帆のプロフィール!デビューまでの経緯は?

はじめに吉岡里帆さんのプロフィールとブレイクまでの道のりを紹介します。

 

  • 本名:吉岡里帆(よしおか りほ)
  • 生年月日:1993年1月15日
  • 出身地:京都府京都市
  • 身長:158センチ
  • 最終学歴:京都橘大学 文学部
  • 血液型:B型
  • 事務所:エーチームグループ

 

映像会社を経営している両親・祖母の影響で昔から様々な芸術に触れ、感性豊かな子に育った吉岡里帆さん。

 

大学時代は書道家になるか役者になるか相当悩んだ挙句、演劇の道へ進むことを決めます!

 

女優活動は2013年からスタートしていますが、デビューまでトントン拍子に進んでいったわけではありません。

 

現在の芸能事務所に所属したものの、オーディションの最終審査で何度も落とされ、最終的には「週刊プレイボーイ」のグラビアで注目されることになります。

吉岡里帆 プレイボーイ

当時オーディションで吉岡里帆さんを落としていた事務所は、今頃後悔してるかもしれませんねw

 

グラビアを飾ったことで「可愛い子がいる!」と注目され、そこからPVやドラマの起用が少しずつ決まっていき、努力の結果、現在の地位まで上り詰めました。

 

可愛い顔してるので苦労せずブレイクしたイメージがあったのですが、自分が本当にやりたい仕事で成功するまで、とにかく努力したんでしょうね(^^)/

スポンサーリンク

顔変わったってホント?昔の写真は目が怖い?

吉岡里帆さんはここ数年で一気にブレイクしたので、デビュー当時の顔を知らない人は多いと思います。

 

昔の写真はネットにたくさん流出していたので、デビューした頃を見てみると…

吉岡里帆 昔の写真

 

昔の写真にもちゃんと今の面影はありますが、顔変わったと言われると、そんな気がしなくもないようなw

 

今の吉岡里帆さんは昔に比べて顔がシュッとして、目が大きく魅力的になった気がします。

 

また「目が怖い!」と言われるようになったのは、2017年のTBSドラマ「ごめん、愛してる」でヒロイン役を演じてからです。

 

実際「顔変わった」なんて声も、ふたを開けてみると目が昔と変わったことが原因で、吉岡里帆さんには目頭切開の疑惑が浮上しています。

 

確かに昔の写真と比べると目が変わっている感じはありますが、成長やメイクで変わる範囲の違いではないでしょうか?

 

もしホントに目頭切開をしていれば、鈴木亜美さんのように目頭に不自然な切込みができると思いますし…(もちろん、鈴木亜美さんは目頭切開したと公表していませんw)

関連記事:鈴木亜美は目が変!見開くのは癖?最近の激辛は痛々しいしやらせ?

 

また吉岡里帆さんはかなり昔の写真(おそらく高校時代)も出回っていますが、目の形はこの頃と変わっていないですよね。

吉岡里帆 目が怖い

 

個人的には元から目が大きくてパッチリしているので、メイクの仕方によって整形したように見えてしまうのだと思います。

 

ちなみに吉岡里帆さんは斜視であると自身のブログで公表していますが、これも目が怖いと言われる一つの理由なのかもしれませんね。

 

吉岡里帆ってぶりっこなの?苦手な人の意見は?

吉岡里帆さんのぶりっこなところが苦手という人もいるようですが、個人的にはぶりっこ要素をあまり感じないんですよね…

 

”ぶりっこ”と思われたきっかけはUR賃貸住宅のCMが原因のようで、「URであーる♪」「待ってるのであーる♪」という言い方が癇に障るのだとかw

 

このCMで吉岡里帆さんはさらにブレイクしたのに…なんて思いますが、何度も聞いているとぶりっこと感じてしまう気持ちは分からなくもありません。

吉岡里帆 ぶりっこ

UR賃貸住宅のCM、ゴールデンタイムを狙って流しているのか知りませんが、ホントによく観るので(^-^;

 

ただトーク番組やバラエティ番組に出演している吉岡里帆さんにはぶりっこ要素は皆無です。

 

話し方もハキハキしてますし、よくアイドルなんかが醸し出す”媚びている感”をまったく感じないので、個人的には好感すら覚えますw

 

役のイメージが強く印象に残るのは役者の宿命ですが、ぶりっこが苦手と言われるのも、CMでキャラを上手に演じ切っている証かもしれません♪

 

吉岡里帆さんは演技が大好きで、全力で仕事を頑張っていると思うので、これからも長く芸能界で活躍できるよう応援していきたいです(^^)/

スポンサーリンク