平昌オリンピックのスノーボード男子ハーフパイプにおいて、金メダル獲得が期待されていた戸塚優斗選手。

 

2月14日に行われた決勝戦で着地に失敗して転倒、そのまま担架で運ばれるという最悪のアクシデントが起きました。

 

戸塚優斗選手はなぜ転倒してしまったのか、事故の動画をみて検証したいと思います。

 

また転倒して起き上がれないことから、怪我は非常に深刻な具合であることが分かります。

 

現在の怪我の具合や、今後日本へ帰国するタイミングなども気になりますよね。

スポンサーリンク

戸塚優斗選手が転倒!事故動画で確認

戸塚優斗選手が転倒したのは2月14日に実施されたスノーボード男子ハーフパイプ決勝、2回目のチャレンジをする際です。

 

ジャンプでバランスを崩したため、着地に失敗してリップに激突。

 

腰付近を強打したため起き上がることができず、担架で運ばれて以降は競技を棄権しています。

 

下の動画で確認すると分かるように、見るからに痛々しい事故ですよねm(_ _)m

 

固まった雪の強度はコンクリート並み、しかも動画を観る限りリップに激突しているので、衝撃はピンポイントで腰付近にかかっているはず。

 

私もボートが趣味なのでよく滑りにいきますが、水を含み固まった状態の雪は尻もちをついただけでも衝撃が凄まじいです。

 

戸塚優斗選手の場合、ジャンプしてバランスが悪い状態で固まった雪の角に激突しているので、骨折してもおかしくない程の衝撃だと思います。

 

平昌オリンピックでは強風が原因で競技が延期されるなどのハプニングもあったので、戸塚優斗選手がバランスを崩した原因として風の影響もあったのでしょうか?

 

怪我の具合によっては選手生命にかかわる程の事故の可能性も否定できないので、ホントに心配です。

 

練習している時に「コンディションはバッチリ」と語っていた戸塚優斗選手だけに、非常に悔しい思いをしているはず…

戸塚優斗 事故

 

怪我の具合についての情報を一刻も早く知りたいところです。

スポンサーリンク

 

帰国はいつ?現在、怪我の具合は?

転倒後、平昌オリンピックの救急部屋に担架で運ばれた戸塚優斗選手は、母親とともにその場で待機。

 

その後、病院へ運ばれ精密検査を行うことになりますが、現時点では怪我の具合ははっきり分かっていません。

 

14日の夜には現在の怪我の具合がはっきりするはずですが、事故動画みるとものすごく心配になります。

 

現在は帰国できるような具合ではないので、歩ける位まで回復するまで平昌付近の病院で休養すると思われます。

 

休養して体調回復後、日本に帰国した際は元気な姿を見せてほしいですね。

 

 

戸塚優斗選手は2001年9月27日生まれ、現役高校生にもかかわらずスノーボード男子ハープパイプにおいては素晴らしい実績を残しています。

 

これからの活躍も十分に期待できる選手なので、怪我の後遺症などなく復帰できることを願いますm(_ _)m

スポンサーリンク