2018年の平昌オリンピックでは、スピードスケートの日本代表として出場する高木美帆選手。

 

スピードスケート選手としての実績はともかく、その可愛らしいルックスからプライベートが気になる人も多いようです。

 

高木美帆選手の就職先や出身大学、また両親や兄・姉の情報や顔画像もチェックしておきたいところ。

 

今回、高木美保選手の就職先や出身大学をお伝えするとともに、父や兄、姉の情報も調べてみました!

スポンサーリンク

高木美帆のプロフィール!中学・高校時代の実績は?

最近、高木美帆選手のファンになった方のため、まずはプロフィールから!

 

  • 本名:高木美帆(たかぎみほ)
  • 生年月日:1994年5月22日
  • 出身地:北海道中川郡幕別町
  • 身長:163.5センチ

 

スピードスケート選手といえば太ももの筋肉が気になりますが、高木美帆選手の筋肉も素晴らしいです!

高木美帆 筋肉

鍛え上げられた身体と可愛い顔のギャップも魅力ですよねw

 

高木美保さんはまだ20代前半、同じく平昌オリンピックでスピードスケート日本代表に選ばれた小平奈緒選手は30歳超えても現役で活躍しています。

関連記事:小平奈緒選手の身長や性格!可愛い顔なので熱愛情報も多い?

 

そう考えると高木選手が現役で活躍している姿は後10年程は見れそうですね!

 

高木美帆選手の経歴ですが、兄・姉の影響もあり5歳からスピードスケートを始めます。

 

その後メキメキと頭角を現し、中学・高校時代には

  • 2009年 全日本ジュニアスピードスケート選手権 総合優勝
  • 2009年 ジュニアワールドカップ 500・1000m優勝(2×500mで中学新記録)
  • 2009年 バンクーバー五輪代表選考会 1500m優勝(中学新記録) 日本スピードスケート史上最年少で五輪代表に
  • 2012年 ワールドカップソルトレークシティー大会 1000mで世界ジュニア新記録樹立

といった数々の実績を叩き出しています。

 

ちなみに高木美帆選手、スピードスケート以外にサッカーも得意なのだとか。

 

中学時代にプレイしていたフットサルでは、男子に混ざりレギュラーで活躍していたので、サッカー選手としてのポテンシャルも相当高いでしょうね(>_<)

 

現在の就職先や出身大学はどこ?

高木美帆選手の出身大学は日本体育大学で、スポーツ推薦に受かり入学しています。

 

日本体育大学のスポーツ推薦は特定種目の実績だけでなく平均程度の学力も必要なので、高校時代はスピードスケートと学問をちゃんと両立させていたんでしょうね!

 

大学時代は「学生のためのオリンピック」と呼ばれる冬季ユニバーシアードに出場し、1000mで金メダルを獲得するなどの実績を残しています。

 

そして現在の就職先ですが、自身が通っていた日本体育大学に助手として勤めています。

 

働いているのは”野外スポーツ系運動学群氷上スポーツ研究室”で、助手として子供~お年寄りまで多くの人のスポーツ指導に携わっているようです。

 

現役のオリンピック選手に指導してもらえるなんて、すごく贅沢ですよね♪

 

スピードスケートの練習を行いつつ、仕事でも大好きなスポーツを教えることができるなんて羨ましいです(^^)/

スポンサーリンク

 

兄・姉の情報と顔画像!

高木美帆選手は5人家族で、両親と兄・姉がいます。

 

兄・姉もスピードスケート選手で姉は高木菜那(たかぎなな)さんといい、現役のスピードスケート選手です。

高木美帆 姉

お姉さんは可愛いというより、綺麗寄りな感じで、美人です!

 

高木菜那選手も子供の頃から

  • 全国小学生スピードスケートスプリント選手権大会 女子小学校5年生の部・総合1位
  • 全国中学校スケート大会女子 1000m優勝

といった輝かしい実績を残し、平昌オリンピックにも出場しています。

 

お兄さんは高木大輔さんといい、大学まではスピードスケート選手として大会に出場していましたが、妹達のような実績は残せなかったようです。

 

現在は選手として情報が登録されていないのでスピードスケートは趣味で続けている程度で、普段は社会人として仕事を頑張っているのでしょう。

 

実績こそ残せなかったものの、高木美帆選手や菜那選手は兄の姿をみてスピードスケートを始めようと思ったはず!

 

お兄さんはスピードスケート選手としての活躍を妹達に託すと決め、毎回応援に駆けつけているのでしょうね(^^)/

 

高木美帆の両親(父、母)もスピードスケートの選手だった?

高木姉妹の活躍を考えると「両親もスピードスケート選手だったの?」なんて疑問が浮かびますが、父親も母親もスピードスケートの選手ではありません。

 

父親は高木愛徳さん、母親は高木美佐子さんといい、両親ともにスピードスケートの経験はありません。

 

父親に関しては、地元北海道で東洋農機という農機メーカーに勤めているサラリーマンのようです。

 

両親がスピードスケートの世界で活躍していたならともかく、一からの状態で子供をオリンピックに出場させるまで育て上げたのはすごいですよね。

 

しかも高木美保さんと姉の高木菜那さんの二人も!

 

両親ともに運動神経は抜群だったと思いますが、それよりも子供の可能性を信じて”やりたいことをやらせてあげる育て方”が立派だったのでしょうね(^^)/

スポンサーリンク