2018年1月31日、日本でスーパーブルーブラッドムーンという奇跡の現象が観測できると話題になっています。

 

名前だけでもすごい現象っぽいですが…一体どんなものなのか、あまり分からないですよね(^-^;

 

また日本全国で観測可能であれば、出現する時間や当日の天気も知っておきたいところ。

 

今回2018年、約150年ぶりに日本に出現する”スーパーブルーブラッドムーン”の詳細や出現時間、当日の天気についてまとめます(^^)/

スポンサーリンク

スーパーブルーブラッドムーンの正体とは?

”2018年1月31日、150年ぶりに日本にスーパーブルーブラッドムーンが出現します!”なんて言われても、前例を知らないので名前のインパクトだけでピンとこないですよね~

 

スーパーブルーブラッドムーンは、以下3つの現象が同じタイミングで重なって起きます。

  • スーパームーン
  • ブルームーン
  • ブラッドムーン

 

各現象の詳細を知ることで、スーパーブルーブラッドムーンの正体が分かります!

 

スーパームーン

満月が通常よりも大きくなる現象で、月が地球に最も接近するタイミングで起こります。

ブルームーン

通常満月は1ヶ月に1度しか出現しませんが、稀に1ヶ月に2度満月が現れることがあり、この現象をブルームーンといいます。

ブラッドムーン

呼び名の通り、月が血のように赤く染まる現象をブラッドムーンといい、皆既月食の時に見られます。

皆既月食時は太陽・地球・月の順番で星達が一直線に並びますが、地球が小さいため後ろにいる月まで太陽の光が届いてしまいます。

その結果、太陽光で照らされた月が赤く染まって見えるのです。

 

これら3つの現象が重なったスーパーブルーブラッドムーンの正体は、

2018年1月、通常の満月が一度出現した後、31日に再び”真っ赤に染まった大きな満月”が出現する現象

といえるでしょう。

 

奇跡の現象だということは十分に分かりますが、真っ赤に染まった赤い満月なんてなんだか不吉ですよね。

 

スーパーブルーブラッドムーンを構成する3つの現象も、”大きな地震や”不幸が起きる予兆”なんて都市伝説がありますし…

スーパーブルーブラッドムーン 不吉

 

この都市伝説がホントなら、スーパーブルーブラッドムーンなんて”不幸のデパート”ですよね(^-^;

 

2018年、何事もなく日本、そして世界が平和であればいいのですが…

スポンサーリンク

 

スーパーブルーブラッドムーンの出現時間&当日の天気

都市伝説はさておき、スーパーブルーブラッドムーンが観測できる時代に生きている私たちは素晴らしい幸運の持ち主です。

 

150年に一度の現象なんて、観測しないわけにはいきませんよね!

 

2018年1月31日、日本では月の出頃に赤く染まった満月が観測できます。

 

月の出の時間を地域別にまとめると…

  • 北海道 14時頃
  • 関東 14時半頃
  • 関西 15時頃
  • 九州 15時半頃

となります。

 

「いやいや…こんな時間だと肉眼で月なんて見れないよ!」と思う人もいるかもですが、大丈夫です!

 

月の出頃の時間でなくても十分に観測可能で、ピークは22時半頃になると予想されているのでご安心ください(^^)/

 

 

ただしスーパーブルーブラッドムーンを観測するには、空が澄んでいることが大前提です!

 

1月31日、全国の夜の天気を調べてみると…

1月31日 天気

 

名古屋から釧路にかけての太平洋側はきれいな月が見れそうですが、他の地域は正直かなりきわどい天気です。

 

当日の天気が雨や雪だとスーパーブルーブラッドムーンの観測は難しくなるので、こればっかりは神に祈るしかありませんね(^-^;

スポンサーリンク