タレント兼コメンテーターとして、情報番組からバラエティまでマルチにこなす西川史子さん。(本職は整形外科医ですw)

 

元々スリムな体型をしていましたが、2016年の夏頃からでしょうか…異常なガリガリ体型が目立つようになってきたのは。

 

当然SNSでも西川史子さんの姿を見る度、「この激やせはがんじゃない?」「ストレスが原因で拒食症になった?」なんて噂が囁かれています。

 

西川史子さんの病状が気になりますが、もしがんなど重病であれば余命についても心配になります…

 

今回西川史子さんがガリガリになってしまった理由や余命、病状を調べました!

スポンサーリンク

西川史子はいつからガリガリになった?

西川史子さん、誰が見ても分かるくらい病的なガリガリ体型になっているので、ホントに心配ですよね。

 

激やせし始める前、2016年以前の西川史子さんの画像がこちら。

西川史子 ガリガリになる前

 

元々スリムな体型をしていますが、画像を見る限り心配になるほど痩せてはいませんよね。

 

そして現在の西川史子さんの画像がこちら。

西川史子 ガリガリ

 

二つの画像と比較すると分かりやすいですが頬骨が浮き出て、鎖骨付近の肉もなくなりゲッソリとしています。

 

誰が見ても分かる激やせぶりなので、そりゃSNSで病状が心配されたりするわけです…

スポンサーリンク

 

ガリガリの理由はがん?それとも拒食症?

現在の西川史子さんの姿をみて真っ先に思い出したのは、過去がんで他界された川島なお美さんです。

 

川島なお美さんも元々スレンダーでしたが、がんが発症してからみるみるうちにガリガリになっていきましたよね。

 

もし西川史子さんががんの進行によりガリガリになっているなら、必然的に病状はあまり良くないと言えそうですが…

 

ただ西川史子さんの場合は2016年からガリガリの状態が続いていて、現在も露出は少ないですがテレビにも出演しています。

 

もし余命を宣告されるような重病であればテレビ出演なんてしている場合じゃないので、がんの可能性は低いと思います。

 

となると、考えられる病気として可能性が高いのが”拒食症”です。

 

そもそも西川史子さんは2016年に急性胃腸炎で入院しており、病気明けからずっとガリガリの状態が続いています。

西川史子 2016年秋

画像は2016年秋、急性胃腸炎から復帰した頃の西川史子さんですが、この頃もガリガリが目立ってますよね

 

そう考えると急性胃腸炎で入院中に激やせ、退院後も食欲不振やストレスにより拒食症を患ってしまったと考える方が自然です。

 

拒食症の原因の一つとして食欲不振も挙げられるので、急性胃腸炎を患った時に何も食べれず、退院後もその状況が続いていたのかもしれませんね。

 

余命や病状は?

ガリガリになった理由ががんであれば、素人目からしても病状は良くないだろうと予想できます。(さすがに余命宣告まではいってないと思いますが)

 

でも現在も仕事している西川史子さんをみていると、がんではない気がします。

 

もしガリガリになった理由が拒食症なら命を落とす病気ではないので、精神的なストレスや食事への恐怖を克服すれば良い方向には向かうはず。

 

拒食症は病状が酷ければ5年以上かかることもあるようですが、治療を頑張れば成果として現れます。

 

 

最近はがんを公表したり、がんによって命を落とす芸能人が多いので、ガリガリの西川史子さんを見ているとすごく心配になるんですよね…

 

一応女医なんですし、とりあえず仕事を控えて体重を増やすことに専念してほしいです(^-^;

スポンサーリンク