常磐自動車道で24歳の男性にあおり運転を行い、さらに相手に怪我をさせるという、許せない行為をした宮崎文夫容疑者。

 

当然のように指名手配され全国民に追われる身になりますが、ネット上で次々と常盤道でのあおり運転以外に余罪が発覚。

 

正真正銘の当たり屋だと判明したわけですが、BMWのX5以外の愛車遍歴や普段どんな性格をしていたのか気になりますよね。

 

今回、あおり運転常習犯で当たり屋の宮崎文夫、愛車遍歴や普段の性格について調べてみました!

スポンサーリンク

宮崎文夫は余罪だらけ!許せない当たり屋行為とは?

指名手配されるきっかけとなったのは茨城県・常盤道での悪質なあおり運転+暴力行為ですが、宮崎文夫容疑者は過去にもたくさんの余罪が判明しています。

 

まず現時点で分かり得る限りの余罪についてまとめていきます!

 

1、BMWのX5(代車)で愛知・静岡でもあおり運転

宮崎文夫容疑者は茨城県であおり運転+暴行をする前に、代車BMWのX5に乗り、愛知県・静岡県でもあおり運転を行っていました。

 

ツイッターであおり運転動画が拡散された際、車のナンバーも同時に拡散されていましたが、愛知県・静岡県のあおり運転は車種・ナンバーが一致しています。

 

ちなみに宮崎文夫容疑者は、3日後に返却予定となっていたBMWのX5を20日乗り回し、合計で約2000キロも走行していました。

 

当初3日間で返却予定だった代車ですが「気に入ったから購入したい」と言い、返却せずに乗り回していたそうですね。

 

被害者はもちろん、BMWディラーも可哀想です…

 

2、(愛車?)カイエンで当たり屋行為

 

 

上のツイートが全てですが、過去に別の車でも悪質な運転をしている宮崎文夫容疑者。

 

高級車に当てさせて、保険屋と相手から高額な修理費+治療代を請求する行為が日課になっていたんでしょうね…

 

自ら進んで行った当たり屋行為なのに、被害者面してインスタに投稿しているあたりもひねくれた性格を物語っています。

 

きっと今まで被害者や警察が動かなかったのをいいことに、当たり屋を生業にしていたのでしょう。

 

3、タクシー運転手と女性を監禁し逮捕された前科も!

 

こちらも上のツイートが全てですが、宮崎文夫容疑者は余罪だらけでは済まされず、前科持ちだと判明しました。

 

今回あおり運転と暴行容疑で逮捕して刑務所に入れれたとしても、1,2年で解放されるんですよね…

 

どう考えも世間に出してはいけない人だと思うのですが、今の法律では何もできないのが残念です。

スポンサーリンク

宮崎文夫の愛車遍歴!マイカーも高級車揃い?

宮崎文夫容疑者が乗っていた車は、カイエンやBMWなど高級車ばかり。(BMWは代車ですがw)

 

愛車遍歴が気になったので、探してみたのですが、カイエンとBMW以外にフェラーリに乗っていたことも分かりました。

 

 

BMWはまぁ別として、カイエンとフェラーリはおそらく愛車だったんでしょうね~(フェラーリは自ら起こした事故で廃車になったのかもしれません)

 

宮崎文夫容疑者の愛車遍歴が2台判明しましたが、色んな意味で高級車好きだったことは確かです。

 

ポルシェ・フェラーリ・BMWなど高級車は常識あるセレブが乗り回し、愛車遍歴として語るからカッコイイと思うのですが…

 

当たり屋の道具として使われていたなんて、メーカーが知ったら訴えても良いくらいだと思いますw

 

宮崎文夫、普段はどんな性格だったの?

性格を予想するため参考にしたのが、宮崎文夫容疑者の普段の様子が書かれた以下の記事です。

 

マンショントラブル 自分のマンションに勝手に駐車

 

自分の所有マンションだからと私用で駐車スペースを使ったり、あおり運転・当たり屋行為を次々行っているところから、誰がみても自己中な性格だと分かりますよね。

 

またサングラス帽子で顔を隠したり、「誰かに狙われている」など被害妄想が強い一面をみると、

  • 臆病
  • ビビり
  • 自信過剰

な性格ともいえるのかもしれませんが…

 

個人的には自信過剰な性格ではあると思うのですが、臆病やビビリなのは本来の性格ではなく”何かの罪”がそうさせてると思うんですよね~

 

”頭がおかしい”では済ますことのできない、あおり運転や当たり屋行為以外の悪質な犯罪のニオイがするのは私だけでしょうか?

 

もしかすると宮崎文夫容疑者が逮捕された後、さらなる余罪が発覚するかもしれませんね。

スポンサーリンク