「クジパン」の愛称で親しまれている、フジテレビの久慈暁子アナ。

 

フジテレビ人気アナの象徴とも言われる“~パン”を引き継いだアナウンサーの一人で、キリのいい”10代目パンがつくアナウンサー”ということで世間的にも話題になっていました。

 

2017年久慈暁子アナがMCをつとめる「クジパン」も始まり、同年4月にアナウンサーとして入社した久慈暁子アナはフジテレビにとって期待の星であることが見て取れます。

 

入社すぐに活躍を見せている久慈暁子アナですが、大学時代はミスコンに出場した経歴はあるのでしょうか?

 

また実家の場所や両親について気になる人も多いと思うので、大学時代の情報と併せて調べてみました。

スポンサーリンク

久慈暁子アナの大学時代!ミスコンの実績は?

久慈暁子アナは青山学院大学の出身です。

 

青山学院大学というと青学(あおがく)の愛称で親しまれている大学で、2018年の3月にお笑い芸人の田村淳さんが受験したことでも話題になりました!

 

久慈暁子アナが通っていた青山学院大学の経済学部は偏差値57.5~62.5、私大の中でもトップクラスの難関校です。

 

ルックスはもちろん、知性も併せ持つ久慈暁子アナ…「天は二物を与えず」なんて言葉、絶対嘘ですよねw

久慈暁子アナ 大学

 

大学時代、久慈暁子アナはチアリーディングのサークルに所属していたとのこと。

 

バスケットボール部などの運動部の応援をしていたのだと思いますが、半年ほどでサークルを辞めているので、久慈暁子アナに応援された方々はすごく幸運といえます♪

 

でもチアリーディングのサークルに所属するということは、少なからず自分の見た目に自信があったはず!

 

サークルからの勧誘が激しかっただけかもしれませんが、大学在籍当時は超モテたんだろうなと想像できます。

 

そんな久慈暁子アナですが、大学時代にミスコンには出場したという経歴はありませんでした。

 

青山学院大学ほどの有名校になれば、ミスコンに出場した過去があれば必ず取り上げられるので、こっそり出場していた可能性もないと思います。

 

もしかすると久慈暁子アナは、ミスコンみたいなコンテストには興味がなかったのかもしれません。

久慈暁子アナ ミスコン

画像はミスコン出場時のイメージ画w

 

日常的に可愛いと話題になっていたので、「わざわざミスコンに出るのもな~」なんてと思っていたのでしょうか?

 

もしくは、こんなに可愛いのにミスコンに出場、受賞してしまうと女性からのひがみややっかみが出てくるかもしれません。

 

それを恐れて、ミスコンからはそっと身を引いたのかもしれませんね。

 

ただ一つ言えることは、久慈暁子アナの大学時代はルックスにおいて“無冠の帝王”だったということです(^^)/

スポンサーリンク

 

実家の場所!両親はどんな人?

久慈暁子アナの実家の場所は岩手県奥州市です。

 

しかも2011年3月11日に発生した東日本大震災の時、久慈暁子アナは高校生だったため岩手の実家にて震災を体験しています。

 

今は東京ガールのイメージが強いですが、甚大な被害を人にも建物にも及ぼした震災の被害者の一人だったということになります。

久慈暁子アナ 高校時代

画像は高校時代の久慈暁子アナ。大学で垢抜けたんでしょうね!

 

久慈暁子アナの家族構成ですが、父親、母親、兄の4人家族です。

 

母親の久慈千鶴子さんは元々IBC岩手放送でアナウンサーとして活躍しており、引退後は高校で英語教師として働いていたようです。

 

また父親は中学校で教師をしていたようなので、しっかりとした親御さんに久慈暁子アナは育てられたことになります。

 

お兄さんの一般人で情報はまったくないため、残念ながらどのような職についているのか分かりませんでした。

 

ただ久慈暁子アナが母親が経験したアナウンサーという職に就いていることから、もしかするとお兄さんは父親と同じく教師の仕事をしているかもしれません。

久慈暁子アナ 実家

 

「久慈暁子」のように「子」が付く名前はなんとなく古風なイメージをしてしまうのですが、これはおそらく母親である久慈千鶴子さんの名前からとったものなんでしょう!

 

今後、久慈暁子アナが結婚し女の子が誕生した時、どんな名前が付けられるのか注目が集まるかもしれませんね。

 

久慈暁子アナは母親である久慈千鶴子さんのように立派なアナウンサーになれるのか、今後の活躍を期待しましょう!

 

 

久慈暁子アナが所属するフジテレビは、過去の成功から考えられないほどドラマの視聴率が低下し、バラエティも長年愛されてきた番組が次々と終了を迎えています。

 

久慈暁子アナの入社が現在のフジテレビを救う一端となり得るのか、このへんも注目ですね(^^)/

スポンサーリンク