最近はバラエティ番組に引っ張りだこ、大ブレイク中の野性爆弾くっきーさん。

 

独自の芸術センスを活かした白塗り顔真似や、展示イベント「超くっきーランド」も大盛況ですよね!

 

見た目からして分かるように、野性爆弾・くっきーさんには「若い頃、元ヤンだった」なんて噂があります。

 

もし元ヤンなら、くっきーさんの出身大学や高校なんかも気になります。

 

今回くっきーさんの若い頃の画像とともに、学歴や”元ヤン”の真相について調査していきます!

スポンサーリンク

野性爆弾くっきーのプロフィール!出身大学と高校は?

まずはくっきーさんのプロフィールからみていきましょう♪

 

  • 本名:川島邦裕(かわしま くにひろ)
  • 生年月日:1976年3月12日
  • 出身地:滋賀県守山市
  • 身長・体重:180センチ・80キロ
  • 最終学歴:滋賀県守山北高等学校(くっきー生徒会長)
  • 趣味:爪を切らない(30年間)、洋食の味を和食にする
  • 特技:カマキリ早つかみ、綺麗にリンゴを食べる

 

最近見ないですが野性爆弾の相方、ロッシーさんとは幼稚園からの幼馴染。

関連記事:ロッシー(野性爆弾)は現在消えた?くっきーとの仲や年収差は?

 

出身大学ですがくっきーさんは最終学歴が高校なので、大学には進学していません。

高校までの学歴は以下のとおり…

河西幼稚園 → 西河小学校 → 守山北中学校 → 守山北高校

すべて出身地である滋賀県守山市立の学校なので、くっきーさんは生粋の守山っ子であることが分かります(^^)/

くっきー 出身大学

画像は中学生時代のくっきーさん、髪型はイカツイですが真面目そうじゃないですか?

 

また、かなり意外ですがくっきーさんは高校時代、生徒会長を務めていたようです!

 

大学へは進学していないものの、中学時代は真面目そうだし高校時代は生徒会長努めているし…元ヤンだったなんて噂、嘘のような気がしてきました(^-^;

スポンサーリンク

くっきーは元ヤン?若い頃の画像は?

くっきーさんがネット中心に元ヤンだと噂されている理由は、主に2つあります。

 

1つ目の理由が日本テレビのバラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」で、くっきー特集が組まれた際の”元ヤン発言”。

 

くっきーさんは極度の照れ屋なので取材にふざけて答える癖があるようで、インタビューで学生時代のエピソードに聞かれた際、

 

「オリジナルメリケンサックを作ってた」

「原付(バイク)のタイヤを人にかぶせ、火をつけて遊んでた」

 

なんて過激なギャクを連発!(完全に元ヤンと疑われても仕方ない、ブラックな発言ですよねw)

 

しかし両親に学生時代について尋ねると、生徒会長を務めていたくっきーさんは生徒からの信頼が厚い優等生だったようです!

 

続いて2つ目の理由ですが、元ヤン風の若い頃の画像とタトゥー画像がネットに流出しているからです。

 

野性爆弾結成当時のくっきーさんの写真がこちら。

くっきー 若い頃

今よりだいぶ痩せていてカッコイイ!

 

たしかに金髪にあごひげを生やし、顔面もイカツイのでパット見はヤンキーそのものですよねw

 

でも高校卒業後の男って校則がなくなり冒険したくなるのが普通なので、ひげや金髪で元ヤンと決めつけるには少し弱い気が…

 

しかし、くっきーさんの場合、元ヤンを思わせるタトゥー画像も流出しています。

くっきー タトゥー

画像は手首のみですが、胸にも立派なタトゥーが入っているとのこと

 

これはさすがにアウトかなと思いましたが、ちゃんと入れた理由があります。

 

というのも、くっきーさんは芸術活動の他に音楽活動もしており、タトゥーは当時知り合ったミュージシャンの影響を受けて入れたものなんです!

 

ヤンキーでなくても芸術家やミュージシャンは個性を出すためにタトゥーを入れる人もいますし、今はオシャレと捉えている若者も多いです。

 

やっぱり”金髪・ひげ・タトゥー=元ヤン”とは言えないのではないでしょうか?

 

元ヤン疑惑の真相!ほんとはいい人だった!

元ヤン風の発言や若い頃の画像をみても、くっきーさんがゴリゴリの元ヤンという噂は信憑性に欠けます。

 

それどころか、知り合いの間では「先輩に対して礼儀正しい」「後輩芸人に対して超優しい!」など、くっきーさんの素性に関しては良い噂しかありません。

 

一緒に仕事をした関係者の方も「非の打ちどころのない完璧な人格者」とべた褒めしています。

 

プライベートでも子供が2人いて優しいパパだそうですが、本人は極度に照れ屋なためツンツンしたヤンキー風の発言で誤解を生んでしまうのでしょうw

 

照れ屋なくっきーさん、見た目に反してすごく好感が持てたので、記事を書き終えると応援したくなりました!

スポンサーリンク