北海道お土産の定番として、知らない人はいないであろう「白い恋人」。

 

甘いチョコとさっくりクッキーの絶妙バランスが美味しすぎるので、私も北海道へ旅行に行った時は必ずお土産で買って帰ります♪

 

実は白い恋人のチョコレート部分だけを、板チョコとして購入できるのは知っていますか?

 

白い恋人を製造している石屋製菓がチョコレート好きのため新しく開発した商品が”恋するチョコレート”です。

 

今回、恋するチョコレートのラインナップ、白い恋人と同じく石屋製菓の通販で購入できるのか調べてみました(^^)/

スポンサーリンク

恋するチョコレートとは?

2018年1月12日リリース、石屋製菓の新商品「恋するチョコレート」。

 

白い恋人に使われるチョコレートをベースに、板チョコとして楽しめるようにアレンジを加えた製品です。

 

値段は税抜800円、入っているのは板チョコ一枚のみですがサイズが大きめです。(縦約18×横約11×高さ約2センチ)

 

今までありそうでなかった製品が遂にリリースされたって感じですね(笑)

 

 

恋するチョコレートのラインナップ

”白い恋人”のイメージから、恋するチョコレートはホワイトチョコ一種類だけ?と思うかもしれませんが、フレイバーは全部で5種類あります。

 

恋するチョコレートのフレイバーラインナップを紹介します。

 

 

北海道贅沢ミルクチョコレートと塩

北海道贅沢ミルクチョコレートと塩

白い恋人・ブラックに使われているミルクチョコレートがベースで、北海道サロマ湖水100%の塩が練り込んであります。

粗塩と甘くて苦いチョコのコラボレーションが癖になりそう…

インターナショナルチョコレートアワード2017・アメリカ&アジア太平洋大会にて、金賞を獲得しているチョコレートです。

 

ホワイトチョコレートと塩

ホワイトチョコレートと塩

鉄板のホワイトチョコと併せて、北海道サロマ湖水100%のあら塩が練り込んである製品です。

スタンダートな白い恋人が好きな人はまず食べてみたいフレイバーと言えそうです♪(私もこの味が一番気になる…)

スポンサーリンク

 

とうきび

とうきび

ベースは白い恋人ブラックのミルクチョコレートで、北海道美瑛産のとうきびを併せて作られています。

とうきびとは北海道の方言で”トウモロコシ”を指します。

ミルクチョコレートの甘みと、トウモロコシの粒感が楽しめる製品といえます。

とうきびはインターナショナルチョコレートアワード2017・アメリカ&アジア太平洋大会、世界大会にて銀賞を獲得した製品です。

 

小豆と碾茶(てんちゃ)

小豆と碾茶(てんちゃ)

白い恋人に使われるホワイトチョコをベースに、十勝産小豆の粉末を練りこみ和風な味に仕上げています。

この製品もインターナショナルチョコレートアワード2017・アメリカ&アジア太平洋大会にて銀賞を獲得しているので、味はお墨付きです!

 

さくら

さくら

白い恋人に使われるホワイトチョコをアレンジし、桜の花びらを散らしてオシャレに仕上げています。

見た目でも楽しめるので女性におすすめです。

 

 

恋するチョコレートは通販で購入できる?

白い恋人は北海道へ行かなくても通販で購入できるので、恋するチョコレートも同じように石屋製菓の通販で購入できるのでしょうか?

 

現在”恋するチョコレート”は、東京銀座にある「ISHIYA GINZA」と北海道の一部直営店でのみ取り扱っています。

 

石屋製菓が恋するチョコレートの専用ページを作り商品の紹介をしていますが、現時点では通販の対応は行っていないようです。

恋するチョコレートの公式サイトはコチラ

 

ただ白い恋人が大ヒットしているだけあり、恋するチョコレートも店舗で注文が殺到するはず!

 

私は北海道民でも都内住まいでもないですが、恋するチョコレートの情報を知ったとたんに味わってみたくなりました。

 

同じような人は多いと思うので、公式サイトが恋するチョコレートの通販に対応するのはそう遠い話ではないはずです(^^)/

スポンサーリンク