競泳男子の日本代表としてオリンピックに出場した経験もある古賀淳也選手。

 

背泳ぎのベテラン選手として今後も活躍が期待されていたのに、ドーピング検査で陽性反応が出たため、アジア大会への出場が取り消されてしましましたね…

 

少なくても今後の活動に影響が出るですが、責任を取って引退するのか気になります。

 

メダリストでもある古賀淳也選手、メンタルの部分もきちんと仕上がった人だと思いますが、ドーピング疑惑が浮上したということは、性格が悪いなど、素性に問題があったのでしょうか?

 

またイケメンだけに彼女と結婚しているのかも気になるところ。

 

今回、古賀淳也選手のプライベートや今後について調べてみました!

スポンサーリンク

古賀淳也のプロフィール!彼女と結婚してる?

まず古賀淳也選手のプロフィールと、水泳の実績をみてみましょう。

 

  • 本名:古賀淳也(こが じゅんや)
  • 生年月日:1987年7月19日
  • 出身地:埼玉県熊谷市
  • 身長・体重:181センチ・80キロ
  • 学歴:早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ医学学科
  • 所属:第一三共

 

5歳の頃から水泳一筋で頑張り、高校~就職まで水泳を活かして受かってきた古賀淳也選手。(出身高校は水泳の名門・春日部共栄中学高等学校)

 

専門である背泳ぎでは国内・国外問わずに数々の優勝実績を残し、水泳以外に熊谷交通安全広報大使を努めるなど、幅広い活動を行っていました。

 

今後の活躍も十分に期待できる選手だったのですが、2018年5月に抜き打ちのドーピング検査で陽性が発覚します。

 

年齢的に結婚していてもおかしくない古賀淳也選手、もし既婚者なら嫁や子供の今後も気になりますよね…

古賀淳也 結婚

私服姿もイケメンです♪

 

調べてみると古賀淳也選手は結婚しておらず、過去に結婚歴もありませんでした。

 

見た目はイケメンのスポーツマンなので当然結婚していると思っていたのですが、意外です(^-^;

 

また芸能人ではないので、ただスクープされなかっただけかもしれませんが、彼女の情報すらまったくありませんでした。

 

ただ現在結婚していたり交際中の彼女がいれば、ドーピングなんて馬鹿な真似はしなかったとも考えられます。

 

もしかすると精神的な部分での支えが足りなくて、スポーツマンとして絶対にやってはいけない行為へと走ってしまったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

性格が分かるエピソード!

個人的にスポーツ選手の不祥事と聞くとメンタルの弱さだったり、”勝つためには手段を選ばない”という歪んだ性格をイメージします。

 

古賀淳也選手も性格悪いのではないかと思ったりしたのですが、過去の性格に関するエピソードを探してみると、男らしい性格であることが判明しました。

 

実は古賀淳也選手は2008年の北京オリンピック出場を逃して落胆したことで、非行の道にそれかけた過去がありました。

 

しかし当時のトレーナーからの一言で「このままではダメだ」と自分を見つめなおし、空手を習ってメンタルを鍛えなおしたそうです。

 

気持ちだけの改心ではなく、”空手”という行動に移して精神的に強くなろうとするストイック性格はスポーツらしいですよね!

 

個人的には古賀淳也選手はスポーツマンらしい性格の持ち主で、性格が悪いことはないと思います。

 

今後は引退する?それとも水泳の世界に戻ってくる?

初めにスポーツ選手のドーピング疑惑についてですが、必ず選手が意図的にドーピングしているとは限りません。

 

例えば過去にもあったように、他人が意図的に飲み物にドーピングで陽性になるような成分を混入した可能性もあります。

 

また検査の数時間前に、たまたま飲食したものの中にドーピングで陽性になるような成分が含まれていた可能性だってあります。

 

古賀淳也選手の場合も意図的にドーピングしたのでなければ、今後の調査で詳細が発覚し、また競泳の世界に戻れるはずです。

 

意図的でなかったことを祈りたいところですが、もし調査の結果、意図的だと判明した場合は責任をとり引退する可能性もゼロではないと思います。

 

しかも意図的にドーピングを行っていたのなら、過去の実績すらドーピングのおかげと思われるかもしれません。

 

 

古賀淳也選手は30歳を超えているので、年齢的にみると引退を考え始めてもおかしくないベテランの域に達しています。

 

競泳選手として活躍できる期間も後数年したないのに、このタイミングでの試合出場取り消しは残念で仕方ありません。

 

早くドーピングの詳細を明らかにして、もし意図的でなかったのであれば引退ではなく一刻も早い復帰に期待していですね!

スポンサーリンク