松山刑務所から逃走した平尾龍磨受刑者、連日のように捜査員を増やし、確保に向けて全力で捜索しているのになぜ捕まらないのでしょう?

 

ここまで見つからないとなると、広島県尾道市の向島に現在も潜んでいること自体怪しくなってきます…

 

もし側索が打ち切りになると、本州に上陸すると…なんて考えると警察の失態を想像しますが、再逮捕後は懲役が何年増えるのかも気になります。

 

今回、平尾龍磨受刑者はなぜ捕まらないのか、また捜索打ち切りの時期や再逮捕後の懲役は何年増えるのか調べてみました!

スポンサーリンク

平尾龍磨受刑者の詳細

顔写真やプロフィールはニュースで何度も放送されていますが、個人的にも早く再逮捕してほしいので平尾龍磨受刑者の詳細について再度まとめておきます。

 

平尾龍磨 顔

  • 名前:平尾龍磨(ひらお たつま)
  • 年齢:27歳
  • 身長:173センチ
  • 特徴:痩せ形、短髪(黒髪)、逃走時は上下黒のジャージを着用

 

服装は間違いなく逃走時と変わっているはずですが、顔は判明しているので向島の人が見かければ一発で分かると思います。

 

平尾龍磨受刑者が逃走したのは4月8日で、午後7時過ぎに松山刑務所の大井造船作業場からの110番がきっかけで発覚。

 

その後、盗んだ車で本州を目指す途中、検問に逃走を邪魔されて広島市尾道市の向島に逃げ込みました。

 

平尾龍磨受刑者はなぜ捕まらない?

現在、愛媛県警と広島県警が強力して1000人以上の捜査員を向島に送り込み捜索していますが、平尾龍磨受刑者は一向に確保されません。

 

向島という限られた範囲内での捜索なので、捕まるのも時間の問題だと思っていたのですが…なぜ捕まらないのでしょう?

 

報道された捕まらない理由も含め、考えられる限りの理由を挙げいきます!

 

空き家が多すぎる…

向島はとにかく空き家が多いらしく、空き家の中に平尾龍磨受刑者が潜んでいた場合、捜索が非常に難航するとのこと。

 

いくら警察でも勝手に空き家に入ったり、窓を壊したりして捜索することできませんもんね(^-^;

平尾龍磨 なぜ捕まらない

向島の空き家の数は1000件以上あるらしく、すべての家主を探すのは相当難しそうです。

 

誰かがかくまってる(仲間がいる)

元々の知り合いか逃走中に知り合ったのかは予想できませんが、誰かが平尾龍磨受刑者をかくまっていた場合、当然捜索は難航します。

 

大人数での捜索打ち切りまで、誰かの協力のもと一旦身を潜めることができれば、捜査員が少なったタイミングで本州に逃げ切られるかもしれません…

 

平尾龍磨受刑者がサバイバル能力に長けている!

向島で住人が住んでいるのはほんの一部分です。

 

大半は山や海なので、もし平尾龍磨受刑者が住宅地ではなく山奥に身を潜めてサバイバル生活を送っていた場合、警察だけでは探し切るのは難しくなります。

 

例えば夜中に住宅街に降りて行動し、昼間は山に戻って眠る…こんな生活サイクルで行動されると、捕まえるのが難しいかもしれません。

スポンサーリンク

捜索打ち切りはいつになる?

警察も平尾龍磨受刑者の捜索以外に、対応しないといけない事件はたくさんあると思います。

 

連日のように大人数で捜索を続けるのは限度がありますし、このまま捕まらずに数週間、数カ月と過ぎると大人数での捜索は一旦打ち切りにする可能性は高いはず。

 

ただ捜索打ち切りをニュースで報じられると、警察の失態となる上に国民からの痛烈な批判をくらうことになるのは確実です。

 

また平尾龍磨受刑者が向島に潜伏していた場合、捜査打ち切りの情報を知られると本州に上陸するかもしれません。

 

このまま捕まらなければ捜索打ち切りも視野に入れ始めると思いますが、その時期がいつなのか知るのは難しそうです。

 

再逮捕後の懲役は何年になる?

もし平尾龍磨受刑者が再逮捕された場合、懲役何年になるのか気になりますよね。

 

元々は窃盗罪で捕まり、懲役5年程の罰を受けていましたが、現在は窃盗に加え、

  • 不法侵入
  • 逃走
  • 器物破損

等、さらに罪を上乗せしている状態です。

 

少なく見積もったとしても、現在の懲役に3年以上は上乗せされる可能性が高いといえるでしょう。

 

平尾龍磨受刑者は他の受刑者たちの模範とされるほど真面目だったようですし、刑務所に3年程服役していたので、後2年頑張れば社会復帰できたはず…

 

なぜこのタイミングで逃走したのか、私には理解できませんm(_ _)m

スポンサーリンク