2018年が明け、ドラマもさっそく新シリーズが続々登場してますね(^^)/

 

中でも私が注目してるのは、亀梨和也さんが主演をつとめる復讐ドラマ「FINAL CUT」です。

 

さっそく続きが気になる展開をしているファイナルカットですが、元々主演は新しい地図の草なぎ剛さんの予定だったって噂知ってますか?

 

フジテレビの火曜枠、しかも内容が復讐劇とくれば、この噂信憑性が非常に高そうですよね…

 

今回はファイナルカットが放送開始されるまでの裏話や、嘘の戦争と似てる部分をまとめていきます!

スポンサーリンク

ファイナルカットは嘘の戦争のパクリ?

「これ嘘の戦争のパクリじゃない?」

 

ファイナルカットの1話目を観た後、率直に私が思った感想です。

 

ツイッターで同じ意見の人がいないか調べてみると…やっぱり非常に多くの方は「嘘の戦争感がすごい!」とつぶやいていましたw

 

嘘の戦争とファイナルカットは同じテレビ局、演出家が手掛けているのでパクリではありませんが、似てる部分がホントに多いですよね!

 

復讐劇なところとか、亀梨さんが詐欺っぽいところとか、ラスボスが藤木直人さんっぽいところとか、相方がジャニーズっぽいところとか…

 

なぜこんなに似てしまったのか、ふたを開けてみるとちゃんと理由があるようです。

 

 

ファイナルカットは草なぎ復讐劇3部作の完結編だった!

元々ファイナルカットは銭の戦争、嘘の戦争に続く、草なぎ復讐ドラマ3部作の”完結編”としてシナリオが用意されていました。

ファイナルカット 嘘の戦争

 

でも全日本国民がご存知のとおり、2017年にSMAPは解散、草なぎ剛さんはジャニーズ事務所を離れ、今は新しい地図として活動しています。

 

新しい地図の活動を快く受け入れているわけがないジャニーズ事務所…そんな時に草なぎ剛さんを主演として起用すると、後々関係が悪化するかもしれません。

 

フジテレビとしては当然、一つの作品にこだわるより会社の利益を優先します。

 

そうなるとジャニーズとの関係を悪化させてまで、草なぎ剛さんを起用するメリットはほぼ皆無ですよね。

 

そこで草なぎ剛さんよりジャニーズ事務所イチオシの俳優、亀梨和也さんを新しく主演としてキャスティングし、ファイナルカットを制作したというわけです。

 

これが事実なら、キャスティングやストーリーの雰囲気が嘘の戦争に似てるのも納得ですね!

 

 

ちなみにもし草なぎ剛さんが主演でキャスティングされていれば、ドラマタイトルも”ファイナルカット”じゃなかったかもしれません。

 

”○○の戦争”といったネーミングにして、がっつり3部作感を表向きにしていたはずです!(○○の戦争で、いい例は思い浮かびませんがw)

スポンサーリンク

 

亀梨より草なぎが主演の方がよかった!

個人的には亀梨和也さんの演技が下手と感じたことはありません。(亀梨さんにはキザなイメージがあったので”ボク運命の人です”の時は少し違和感がありましたが(^-^;)

 

ただ、やはり草なぎ剛さんと比べるとどうしても「草なぎさん主演で観たかった…」って思いが強いです。

 

嘘の戦争で草なぎ剛さんが演じた天才詐欺師、浩一の役はホントに雰囲気ピッタリで引き込まれました。

ファイナルカット 草なぎ

 

またファイナルカットのラスボスも今のところ藤木直人さんっぽいので、草なぎさんとバトルをもう一度観たかったのですが…残念です!

 

ただファイナルカットは隠しきれない”嘘の戦争感”にかき消されているものの、若干、亀梨さんが主演を務めた”怪盗山猫感”もあるんですよね~

(佐々木蔵之介が刑事で登場して、なんか裏がありそうな雰囲気を漂わせているところ)

 

怪盗山猫は日本テレビ制作のドラマなので、似せているとパクリになっちゃいますが…このへんはまぁ”よくあるキャスティングパターン”として目をつむっておきましょうw

 

注目を集めているドラマだけに色々裏話も尽きませんが、ファイナルカットが面白いことは確かなので、今後の展開にも注目して毎回の放送を楽しみにしておきます(^^)/

スポンサーリンク