平昌オリンピックでカーリング女子の試合中、おやつタイムに選手たちが美味しそうに食べていた”赤いサイロ”に注文が殺到していますね!

 

赤いサイロは元々北海道のお土産として空港などで売られている銘菓ですが、オリンピックの影響で品切れが続出しているようです。

 

現段階は”通販3ヶ月待ち”の状態になっていますが、実際のところ再販されるのはいつ頃になるのでしょう?

 

またカーリング女子のおやつタイムに登場するまで、赤いサイロという銘菓自体聞いたことがない人もいたはず。

 

平昌オリンピックでブレイクするまで北海道のお土産として知名度はあったのか、また2018年にお土産として人気が爆発する可能性はあるのか予想してみました(^^)/

スポンサーリンク

赤いサイロの商品情報!

赤いサイロを簡単に説明すると”北海道産の原料を使ったチーズケーキ”です。

 

チーズケーキに使われている小麦粉、牛乳、練乳、卵は全て北海道でとれたもの、とろける口どけと濃厚な味わいで人気を集めています。

 

赤いサイロは女子カーリングの選手がおやつタイムに食べる前、テレビ朝日のバラエティ番組「シルシルミシル」でも取り上げられました。

 

番組の企画”全日本の隠れたお土産お菓子グランプリ”でも優勝している実績があるので、美味しさはお墨付きというわけです!

 

ちなみに赤いサイロの名の由来は、昔の北海道の風物詩だった”レンガで造られたサイロ”からきています。

赤いサイロ サイロ

 

サイロは牧草を貯めておく倉庫の役割があるため、チーズケーキの原料である乳製品と深いかかわりがあります。

 

現在レンガのサイロはほとんど見かけないものの、古き良き伝統を長く伝える意味を込めて”赤いサイロ”と名付けられたようですね(^^)/

スポンサーリンク

 

北海道お土産お菓子ランキングで赤いサイロは何位?

ネット上”北海道お土産お菓子ランキング”を作成しているサイトで、赤いサイロを1位にしていたのは1つだけでした。

 

やっぱりどのサイトも”白い恋人”や”マルセイバターサンド”といった定番ものが強いですね。

 

ただ赤いサイロはテレビの企画で優勝するほどの美味しさに加え、2018年は平昌オリンピックで女子カーリング選手が食べていたので注目度もプラスされています。

 

今までは”隠れた”北海道の美味しいお土産お菓子だったものが、2018年以降は”鉄板の”北海道美味しいお土産お菓子に代わることは間違いないでしょう♪

 

北海道の空港などで赤いサイロを見る度、平昌オリンピックで活躍した女子カーリング選手の姿を思い出しそうですねw

 

再販はいつ頃になりそう?

2018年2月の時点では、赤いサイロを製造・販売している清月の公式WEB通販サイトは商品の発送まで最短3か月待ち。

 

楽天など送料無料の大手通販サイトでも、ご覧の様に再入荷の見込みが立っていない状態です。

ブームが落ち着いてきた今なら、再販しているかもしれないので一応確認してみてください(^^)/

 

待っていればいつかは再販されるものの、食べたいのは3ヶ月後ではなく平昌オリンピックの余韻が残っている今ですよね!

 

通販や空港で再販待ちの場合、あと購入できる可能性があるのは

  • 赤いサイロの故郷である北海道北見市のお土産屋
  • 北海道内にある百貨店
  • 北海道のアンテナショップ

など地元に密着した店舗のみで、運よく在庫が残っていれば購入できるはずです。

 

ただ北海道住まい以外の人が入手するのは非常に難しいと思うので、やはりほとんどの人は再販待ちになりそうです…

 

再販予定の”3カ月”というのは、不慮の生産遅れなども考えて長めに設定しているはず。

 

おそらく後1,2カ月もあれば通販で購入できるようになると思いますが、今すぐに食べたいという悩みを解決するのは難しいかもしれませんね( ;∀;)

スポンサーリンク